So-net無料ブログ作成
検索選択

あの揺れから明日で20年・・・ [アンティーク]

soraniji sanpo150113-9.jpg
この20年、毎年のように思い出すあの日。



それは・・・

soraniji sanpo150113-6.jpg
5時46分。

20年前の阪神大震災の様子をそらまめ父が写真に納めていたので

今日はそちらを載せようと思います。

あの朝、まだベッドにいたそらまめは

突然の揺れにびっくりしてベッドにしがみつき、

揺れがおさまった頃には部屋中めちゃくちゃで

手足が震えて動けませんでした。




そらまめの地震後の部屋。
soraniji sanpo150113-4.jpg
日付が95.1.17になってますね。

元々、物が多かったのですが、本棚が倒れてドアが開けれず

パニックで「出られへ~ん!!」 と叫んだ覚えがあります。

そんなそらまめに1階で寝ていたそらまめ弟が

「お姉ちゃん! スリッパ履いて落ち着いてっ!」みたいな返事がありました。



初公開、そらまめ弟の部屋。

soraniji sanpo150113-5.jpg
嬉しがって写ってますが、これはだいぶしてから撮ったのでしょう。

弟の部屋の真上にリビングがあり、そこにグランドピアノを置いていたのですが

あの重いピアノがピアノの脚の受け皿から外れて移動していました。

なので、もし、2階の床が抜けていたら・・・と怖くなります。



soraniji sanpo150113-3.jpg
リビングのテレビもこんな状態。

自宅は半壊でした。

発生直後、情報がなかったので、のん気に部屋をちまちま片付け、

時間が経つに連れてこれは大変なことが起こってるんだ・・・!

ということがわかってきました。

夕方、2匹のマルチーズも一緒に加古川にある親戚のところへ車で大移動。

いつも通る2号線も43号線も、もちろん通れず六甲山越えて迂回。

山道が大渋滞でした。

その後、親戚の家と自宅を行ったり来たりしながらの生活。

トイレの水が流せることと、お風呂にゆっくり入れることが

こんなに幸せなことなんだ・・・って思った記憶があります。



soraniji sanpo150113-7.jpg
近くにあったニテコ池。「ほたるの墓」 の舞台となった池です。

水もないし、もうめちゃくちゃ・・・

あちこち倒れた家があり、ビルも傾いていたりと

それが当たり前の光景になりつつありました。


そして、そらまめは5月に札幌へ移りました。

最初は建物を見ても、傾いて建ってるような気がして・・・

傾いていくビルから落っこちそうになる夢なんかをよく見てましたね・・・

7月に友達が5歳くらいの甥っ子を連れて札幌に遊びに来たのですが

駅のプラットホームのコンクリートのヒビを見て

「ここも地震でヒビいったんやな~。」 と言いました。

こんな小さな子まで、そんなこと思ってるんだな・・・って。



soraniji sanpo150113-8.jpg
その後、実家は解体して建て替え。

父に解体時のビデオを送ってもらいましたが

つらいものがありましたね・・・



soraniji sanpo150113-10.jpg
1月17日。 あの日は友達と11時に三宮でランチの約束。

もし、三宮で地震に遭っていたら今の自分はなかったかも・・・

無事だったとしてもあんな状態で友達と2人で三宮でどうなってたんだろう・・・

と思うと、怖くなります。


そらまめの人生の中で、忘れることのない出来事。

そして、人生の転機になったことには間違いありません。

あれから20年。 あっという間の20年。

そんなことを考える今日この頃です。

あの揺れを体験された方はそれぞれ

きっといろんな想いがあるでしょうね・・・

阪神大震災のエピソードがありましたら

コメントくださいね。



<前回のコメントバック>
たくさんのコメントありがとうございました。
うずらのサプリですが、結構大きいので半分に割ってます。
本猫は・・・ポリポリと食べてしまうので
助かります。(すっかりカリカリの一部だと思ってる 笑)



ポチっとよろしくです♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村




次は1月19日の更新予定です。 




nice!(59)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 59

コメント 19

yumyumyum

あの日はここ高知でも下から突き上げてくるような物凄い衝撃にベッドの中でしばらく固まっていました
あのような恐ろしいことが神戸で起こってるなんて夢にも思わずのんきにドライブに出かけ帰宅してから衝撃を受けたように記憶しています
その日は妊娠中だった妹が流産しかけるということもあり二重の意味で忘れられない日です
その時お腹にいた子も今年20歳です
・・・・・
あの日亡くなられたたくさんの方々の為に祈りをささげたいと思います
by yumyumyum (2015-01-16 11:25) 

ぴーすけ君

阪神大震災、関西に親戚の多いので 母が何回も親戚たちに電話連絡を試みていた様子を思い出します。

by ぴーすけ君 (2015-01-16 11:41) 

komugi0421

もう20年になるのですね。テレビで見た時には
とても衝撃を受けました。そらまめさん命が助かって
本当によかったです。私の地域も昔地震が多く海底噴火や
大きい地震にも何度かあっています。子供の頃は震度4くらいなら
なんとも思わなかったですが、今では震度1くらいの「カタッ」と
言う音でもビクッとなります。それだけ地震の恐ろしさが
わかってきたのかな〜と思っています。
by komugi0421 (2015-01-16 13:22) 

うさぎねこ

私は当時は今と同じ県に住んでいましたが
衝撃は小さかったですが揺れが長かったです。
大きな地震とは思わず、遠方の親せきから
安否確認の電話があってはじめてTVを見た次第です。
落下している高速道路を映像でみて、なにが起きたのか現実なのかすぐにはわかりませんでした。

六甲山の近くに親戚が多く、一時は連絡がとれませんでした。
第二次世界大戦中にあったと言う南海地震?のほうが怖かったと親は言っておりました。建物が紙のように揺れたと。

今、地震がきたらペットたちを連れてどうしようかと思います。かけがえのない家族です。
大きな自然災害がこないでほしいと切に願います。


by うさぎねこ (2015-01-16 15:23) 

獏

あれからもう20年も経ったのですね。。。
獏は仕事で関東におりました
友人は車が使えず
原付きで知人の安否を訪ね歩いたそうです
自然の脅威の前では
人間は とても小さい存在なのだと
いまさらですが 強く感じます。。。
改めて 亡くなられた方々のご冥福をお祈りします


by (2015-01-16 20:56) 

shinji

当時は、デジカメもなく、通信手段も電話が主体で被害の概要の把握に数日かかりましたね。東日本大震災の時も、親戚と連絡がとれず、被災地に行くにしても道路は寸断され、交通機関もマヒ、津波で家は流され、ただただ不安と無力感ばかりがつのり、無事を祈る事しかできなかった。
その後、親戚の勤務する病院には、次から次に運ばれてくる患者で、ドクターと看護師が過労死で亡くなったという知らせがあった。
by shinji (2015-01-16 21:15) 

rantan-nya

以前、父の転勤で9年ほど、芦屋にいたこがあります
この時は、すでに東京に戻ってきていましたが、私たちが住んでいたときは
小さな地震もほとんどなく、東京に比べて地震もないし、海も山も近いし、
永住したいねぇ なんて呑気に言ってました
卒業した中学の校庭が避難所になり、いつも下を通って通っていた阪神高速が
倒壊しているニュースに衝撃を受けました
父の同僚で、そのまま神戸にいた方は奥様が家具の下敷きで亡くなったと聞きました
by rantan-nya (2015-01-16 21:29) 

mitsuya

東日本大震災といい、阪神淡路大震災といい思い出しただけで震えが来そうです。
今、何かあったら、みんなを守れるのかと思うと自身がありません。
自然災害スゴすぎます。そらまめさんのところは、とりあえず皆さん無事だったんですね。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りさせていただきます。

by mitsuya (2015-01-16 21:40) 

てんてん

TVで画像を観て、どこの国だろって・・・
まさか日本だとは考えも及びませんでした。
御無事でほんとよかったです。
僕は、長崎大水害を体験しました。
by てんてん (2015-01-16 21:46) 

カトリーヌ

私は史上最悪のインフルエンザで寝込んでいました。
なので、学校は休むつもりではいました。ベッドが左右に
ガタガタと揺れて何が起こっているのか分からないまま
揺れは収まったのですが、屋根が落ちてくるんじゃ
ないかと思いました。本当に怖かった...
何も壊れたものはなかったので、TVで見る神戸の光景が
最初は信じられなかったです。戦後の焼け野原のようなところとか
高速でバスが半分落ちそうな映像とか、今でも覚えています。
友達の家もグランドピアノが動いていたと言っていました。
大阪と神戸、すぐ近くのようで、被害が全く違いましたね。被災した人が大阪に来て、別世界のようだと
思ったそうです。
今日1/17は祖父の命日でもあり、先代猫の命日でもあります。
とても意味深い日だと感じています。
by カトリーヌ (2015-01-17 10:07) 

kontenten

あの日、川越も揺れました(w)
今の家に引っ越して2日目か3日目・・・早速TVを点けたら
関西で地震があったようです。でも、被害は少ないようです・・・って
ところが、段々日が昇るに連れ・・・甚大な被害がありましたに変わり
物凄い大惨事だって事がわかってきました。
 あと、運・・・の話ですが
ホント、揺れた時刻が数時間遅かったら大変な事になりましたよね(><)
会社の近所の社長さんも・・・2012年の笹子トンネル天井坂落下事故
その30分前に笹子トンネルを通過したそうです。
あと30分・・・考えただけで恐ろしくなります。
by kontenten (2015-01-17 10:11) 

のらん

そらまめさん、あの時は、神戸にお住まいだったのですね(°0°)
大変でしたね・・・ 私は、朝起きてニュースを見たら、
神戸で震度6って言ってて、慌てて京都の実家に電話しました。
父が、すごく揺れて、棚のモノが落ちた・・・なんて言ってて安心しましたが、
数時間後に、姉が電話したときは、もう電話がつながらなかったようです。
もう20年も経つのですね・・・
by のらん (2015-01-17 12:42) 

かーか

きっと、そらまめさんも大変な経験されてたんやろなと思ってましたが
お写真拝見して胸が痛み涙が出てきました。
かーかはあの時は奈良県民でしたが
ものすごい揺れでそらまめさんと一緒、ベッドにしがみつきました。
揺れが治まってから即、今は亡き独り暮らししてた
おばあちゃんに安否の電話入れました。
電話の途中にも何回と余震が来て泣きながらおばあちゃんに「怖い~」って
言うたの今も鮮明に覚えています。

ホントにお友達とランチの時と違ってよかったと心から思います。

余談になりますが、FBのUPがないもんで心配してました。
よかったです^^

シャボン玉、つい割ってしまいます!カワイイなぁ~♪
by かーか (2015-01-17 16:49) 

りみこ

あの日は、私のウチも激しく揺れました。
ドンッと突き上げるように揺れ始め、とても長かったですよね。
友人知人に連絡が取れず、泣きそうになったことを今でも思い出します。
ブルーシートのかかった街並みや、何も無くなってしまった焼け野原を見たこと、助け出された人の話に一喜一憂したことなど、色々思い出しますが、あれからもう20年経つのですね。
昨日は朝5:46に黙祷しました。
by りみこ (2015-01-18 05:53) 

popoki

こんにちは。
そらまめさん、神戸の方だったんですね。
てっきり札幌の方だと思っておりました。
もう、20年なんですね…。
地震とか津波とか、自然災害があると、
人間はともかく動物が辛い目にあって、
特に猫は、避難所での生活も難しいでしょうし、
と、考えるたびに不安になります。
災害発生前に、いざという時のことを考えておかねば…ですね。
by popoki (2015-01-18 10:39) 

pochikun

前日の夕焼けが変な色で気持ち悪いねって
ご近所さんと話してたの。
そして迎えたあの日の朝。
あんなに凄い揺れだったのに我が家の周りは
電気、水道、ガスもすぐに復旧したから
あまり被害がない様にみえたの。
でも明るくなってテレビの映像を見た時のあの衝撃。
きっと何年経っても忘れられないし
忘れちゃいけないと思うの。

by pochikun (2015-01-19 09:52) 

まめ

当時はまだ学生でした。
大阪も揺れたとはいえ縦型地震故そこまで被害なく。
布団を頭からかぶってじっとしてましたっけ。
揺れが収まってからラジオやテレビやと情報を集めるのに必死。
ほんと、徐々に被害の大きさがわかってきてぞっとしました。
もしも通勤時間帯だったら・・・そんなことを考えると防災対策って
大切だなぁと思います。
そう、あれからもう20年も経ってしまった・・・って感じです。
by まめ (2015-01-19 12:31) 

こいちゃん

遅ればせながらのコメントです、そらまめさんはあの地震を経験したのですね、本当に良かったです。
私は6歳になったばかりの次男を守るため棚の荷物を押さえてました。長男はその時押し入れをベット代わりにして、故りんごさんと寝ていたのでそのまま動かないように。あの突き上げで5時45分に一番に目が覚めました。それから、神戸の親戚につながらなくて義母と一日ハラハラしてましたね。夜みんな大丈夫と貰った時は泣きそうでしたよ。ただ義従妹の旦那が消防士で走り回っていて体が心配でした。でもあれから20年、そんな父親の背中を見ていた子が今消防士となっています。
by こいちゃん (2015-01-20 21:05) 

あーちゃ

あの地震、どんどんと新聞に載っていく被災者の数の増加。。
それよりも、みんなが何を欲していて、何をしなくてはいけないのか、そういう情報がほしいんだ
って思った覚えがあります。
忘れられない高速道路が真っ二つになって、そこにかろうじて止まったバスの写真。先日のNHKの震災特集でその時の運転手の方が出演されておりました。
そらまめさんが、無事こうしていられるのが何よりです。
by あーちゃ (2015-01-20 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。